第4回 OpenAMコンソーシアムセミナー 開催しました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

本セミナーのお申込みは終了しました。

第4回 OpenAMコンソーシアムセミナー 開催しました!

セミナー当日に使用した講演資料の公開を開始いたしました。
講演資料は公開可能な範囲の資料となります。
公開不可の資料の公開予定はありませんので、予めご了承ください。
(下部のリンクよりダウンロードしてください)

今回のOpenAMコンソーシアムセミナーでは、シングルサインオン導入実績が豊富な正会員企業が持つ、
企業や大学の最新事例に加え、OpenAM最新情報やOpenIDM、OpenIGの機能など、技術情報までご紹介いたします。

シングルサインオン環境の導入をご検討されている企業や技術者様、
セキュリティ強化を図りたい企業のご担当者様には必聴のセミナーとなっております。

是非、奮ってご参加ください!


■ 講演資料
セミナー当日に使用した講演資料の公開を開始いたしました。
講演資料は公開可能な範囲の資料となります。
公開不可の資料の公開予定はありませんので、予めご了承ください。
(下部のリンクよりダウンロードしてください)


■ プログラム

  • 14:45~15:15 受付
     
  • 15:15~15:20 開会挨拶
              OpenAMコンソーシアム会長
              株式会社野村総合研究所 オープンソースソリューションセンター
              センター長 寺田 雄一

  • 15:20~15:50 企業講演(1)
              企業・大学におけるシングルサインオン・システムの最新技術動向と導入事例

      オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社
    代表取締役 小田切 耕司

    <講演内容>
    企業・大学における導入事例を紹介しながら最新技術動向を紹介します。

  •  

  • 15:50~16:20 企業講演(2)
              FUSION Cloudにおける認証認可アーキテクチャについて

      フュージョン・コミュニケーションズ株式会社
    営業統括部 エンジニアリンググループ サブマネージャ 岡崎 功

    <講演内容>
    現在フュージョン・コミュニケーションズでは、IaaS型パブリック・クラウドサービス FUSION Cloud を商用サービス提供しています。FUSION Cloudでは、サービス管理機能を提供するための共通基盤として、Mule ESBを使ったシステム間連携機能と、OpenAMを使った認証認可機能を実現しています。当講演では、その認証認可のアーキテクチャとOpenAMの役割についてご紹介します。

    ・FUSION Cloudの設計思想とOpenAMの役割
    ・FUSION Cloudの本格商用サービス化にあたってのOpenAMの採用
    ・FUSION Cloudと外部システムとの連携の実現とメリット

  • 16:20~16:30 休憩
     
  • 16:30~17:00 企業講演(3)
              大手医療機器メーカー シスメックス株式会社様 OpenAM導入事例

      株式会社野村総合研究所 オープンソースソリューションセンター
    センター長 寺田 雄一

    <講演内容>
    大手医療機器メーカー シスメックス株式会社では、お客様への「サービス提供」を強化するため、顧客情報を統合管理しシングルサインオンを実現することで、様々なサービスを透過的に利用できる基盤を必要としていました。当講演では、OpenAMを中心としたオープンソースを活用して、サービス提供のための基盤を実現した事例をご紹介します。

  •  

  • 17:00~17:20 技術情報(1)
              OpenAM最新情報

      オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社
    技術部 エキスパート 岩片 靖

    <講演内容>
    OpenAMの新機能やロードマップを紹介します。

  •  

  • 17:20~17:40 技術情報(2)
              OpenIDM、OpenIGの機能紹介

      株式会社野村総合研究所 オープンソースソリューションセンター
    和田 広之

    <講演内容>
    OpenIDMはオープンソースのID管理・プロビジョニングのためのソフトウェアです。機能の紹介と、NRI OpenStandiaで実施している拡張機能についてご紹介します。OpenIGはOpenAMと合わせて利用するリバースプロキシーのためのソフトウェアです。既存システム(レガシーシステム)とのシングルサインオンにおいて、OpenIGとNRI OpenStandiaの独自機能(代理認証)とのメリデメについてご紹介します。

  •  

  • 17:40~18:00 質疑応答



■ 概 要
【開催日時】
 2013年4月12日(金) 15:15 ~ 18:00 (受付開始 14:45)

【開催場所】
 野村総合研究所 丸の内総合センター 大会議室 <会場案内図>
 (JR東京駅 丸の内北口より徒歩2分、地下鉄丸の内線 東京駅 徒歩3分、他 地下鉄各線 大手町駅 徒歩2~6分)
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル 受付9F

【定  員】
100名(事前登録制) ※定員に達した時点で申込は終了といたします。

【参加費】
 無料

■ 主催
OpenAMコンソーシアム

■ お問合せ
OpenAMコンソーシアム セミナー事務局(株式会社野村総合研究所)
E-mail: info@openam.jp