第6回 OpenAMコンソーシアムセミナー 「認証関連の社会動向とOpenAMの適用事例」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

<公開講演資料を更新しました>

クラウドと言うキーワードが現実になり、ハイブリッドクラウド環境やSaaSモデル、BYOD対応などで、利便性は向上しています。しかし、認証の課題を適切に実施しなければ、大きなトラブルが発生し、企業利益のみならず、社会的な信用を失うと言うダメージを追う時代になっています。
第6回OpenAMコンソーシアムセミナーでは、クラウド時代の今だからこそ理解するべき認証関連の社会動向、認証基盤に求められる内容と認証連携手法そして、OpenAMを活用した事例について、シングルサインオン、ID管理、OpenAMを知り尽くした、OpenAMコンソーシアム理事企業(株式会社野村総合研究所、オープンソース・ソリューションテクノロジー株式会社、株式会社オージス総研)が解説いたします。

是非、奮ってご参加ください!

<本セミナーのお申込みは終了しました>


■ 講演資料■
<講演資料を公開いたしました>
事前公開用から当日使用資料に更新しました(★のみ)。下記よりダウンロードしてご覧ください。
==============================================
・★【野村総合研究所:崎村講演】
 <基調講演>IDMからIRMへ変わるアイデンティティーの地平

・★【オージス総研 :八幡講演】
 これからのエンタープライズ向け認証基盤に求められること

・【野村総合研究所:和田講演】
 OpenAMによる最新認証連携 ~Office365、Googleとの連携~

・【オープンソース・ソリューション・テクノロジ:小田切講演】


==============================================
※オープンソース・ソリューション・テクノロジ:小田切講演分はお手元に事例資料を配布いたします。
※セミナー当日、講演資料(印刷物)、貸出用の端末、インターネット環境のご用意はございません。


■ プログラム

  • 13:30~14:00 受付

  • 14:00~14:15 <開会挨拶>OpenAMコンソーシアムの活動ご紹介
              OpenAMコンソーシアム会長
              株式会社野村総合研究所 オープンソースソリューション推進室
              OSS推進グループマネージャ 高橋 雅人

  • 14:15~15:05 <基調講演>IDMからIRMへ変わるアイデンティティーの地平
      Kantara Initiative理事、OpenID Foundation理事長
    株式会社野村総合研究所 上席研究員 崎村 夏彦

    <講演内容>
    IRMとは昨今のIoTやM2Mの広がりを受け、個人・企業・モノ全てを識別(Identify)し、その間に存在する「関係性(Relationship)」を管理する概念です。欧米では、社内向け情報システムの運用における利便性の向上や内部統制といった側面(B2E)で語られることの多い従来の「シングルサインオン」、「統合ID管理」といったIAM(Identity Access Management)とは異なり、B2C領域における売上や顧客満足度の向上を目的に、より戦略的に「シングルサインオン」、「統合ID管理」の技術要素を活用しようとする動きが活発になっています。当セッションでは、このようなIAMからIRMへの変遷の時流についてご紹介いたします。


  • 15:05~15:55 これからのエンタープライズ向け認証基盤に求められること
      株式会社オージス総研
    サービス事業本部 テミストラクトソリューション部
    副部長 八幡 孝

    <講演内容>
    業務システム利用時の認証・アクセス管理の強化を狙いとして作れた認証基盤も、今では適応すべき範囲が社員から取引先・顧客へ、社内システムからクラウドサービスへと拡大してきています。永く活用できる認証基盤を実現する上で今から検討しておくべきことについて解説します。


  • 15:55~16:05 休憩

  • 16:05~16:55 OpenAMによる最新認証連携 ~Office365、Googleとの連携~
      株式会社野村総合研究所 オープンソースソリューション推進室
    テクニカルエンジニア 和田 広之

    <講演内容>
    昨今、シングルサインオンは企業内だけでなく、SaaSも含めた外部環境に対応するものが求められています。特に、Office365のSAML2.0により、MS製品(ADFS)と組み合わせることなく、Office365と認証連携するニーズが高まっています。また、Googleなどの外部サービスと連携し、インターネット環境でもシングルサインオン認証して、自社サービスをSaaSとして公開する企業も増えています。当セッションでは、今後、ますます活用の場が増加する、Office365やGoogleとの連携をデモとして紹介すると共に、連携にあたっての注意点をわかり易くご紹介いたします。


  •  

  • 16:55~17:45 オープンソースのシングルサインオン製品OpenAM最新事例紹介
      オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社
    代表取締役 チーフアーキテクト 小田切 耕司

    <講演内容>
    オープンソースのシングルサインオン製品OpenAMの最新事例や技術動向を紹介します。

  •  

  • 17:45~18:00 質疑応答



■ 概 要
【開催日時】
 2014年11月21日(金) 14:00~18:00 (受付開始 13:30)

【開催場所】
 品川インターシティホール棟 地下1F <会場案内図>
 (JRおよび京急「品川駅」下車。港南口出口より徒歩8分)
 〒108-0075 東京都港区港南2-15-2

【定 員】
 90名(事前登録制) ※定員に達した時点で申込は終了といたします。

【参加費】
 無料

■ 主催
OpenAMコンソーシアム

■ お問い合わせ
OpenAMコンソーシアム セミナー事務局(株式会社野村総合研究所)
E-mail: info@openam.jp

<本セミナーのお申込みは終了しました>